レーザー脱毛って他の脱毛方法とどう違うの?

脱毛方法には永久脱毛と言われる
レーザー脱毛という方法があります。

 

レーザー脱毛はレーザーの光を当てて毛根部分の毛母細胞を破壊して発毛しないようにする脱毛方法です。

 

レーザーの光は波長の長さによって特定の色に作用する性質を生かして、毛の黒い色(メラニン)を感知して集中的に熱を加えることで組織を破壊するのです。

 

レーザー脱毛方法は永久的に毛が生えてこない脱毛と言われています。元々レーザー脱毛はアザやほくろの医療用レーザー治療から生まれたのです。

 

アザやほくろに当てられた部分に毛が生えてこない事例が認められました!

 

そして様々な実験や研究の結果、アレキサンドライトレーザーに
よるレーザー脱毛が行われるようになりました。

 

現在では医療機関で使われるアレキサンドライトレーザー脱毛
とダイオードレーザー脱毛がクリニックのでよく行われています。

 

レーザー脱毛は医療行為とされており、美容皮膚科や美容外科などの
医療機関でしか行うことはできないんですね。

 

医療用レーザーは高出力で照射される唯一の脱毛故に、
永久的脱毛効果があると認められているのです。

 

レーザーの光は皮下のメラニンのみに照射するので、表皮や周りの細胞に
ダメージを与えることなく脱毛することができます。